『不能犯』の映画と原作との違いは?多田刑事が性転換して女刑事に!?

最近は人気漫画が実写映画化することが非常に多くなりましたね。
7月29日に公開されたばかりの映画「東京喰種」もその1つですね~!

 

現在『グランドジャンプ』で連載中の漫画「不能犯」も、実写映画化されることが決まっています。

 

 

漫画を映画化するとなると、長いストーリーを約2時間の映像にまとめないといけなくて
大体内容が省略されていたり、内容が変えてあったりしますよね。

 

今回の「不能犯」についてはどうなんでしょう?

 

原作コミックのあらすじ

 

出典元:http://grandjump.shueisha.co.jp/manga/hunou.html

 

SNSで話題になっている都市伝説。

 

電話ボックスに殺して欲しい相手の連絡先と理由を書いたメモを貼ると、殺し屋が抹殺してくれるんだとか。

 

数々の変死体事件が起きる中、現場にあらわれる黒スーツの男。
この男こそが、殺し屋・宇相吹正(うそぶきただし)なのです。

 

ターゲットである被害者は、確実に死においやられるのですが
病死や事故死など不可解な死ばかりで、実際に手が下されているような形跡がないために、実証が難しい「不能犯」。

 

宇相吹は、巧みに言葉をなげかけ、人の「思い込み」を利用して、殺害していたのでした。

 

スポンサードリンク

 

現実世界ではありえない話ですが、人の思い込みって時にすごいことになったりしますよね。

宇相吹正は、殺人犯なのですが、悪を悪で倒すというようなダークヒーロー的な存在なんだそうです。

 

実写映画版『不能犯』の原作コミックとの違いは?

 

今わかっている大きな違いは、
原作で登場する主要人物の刑事・多田 友樹を、

 

女刑事・多田友子に変えてしまったことです。

結構思い切った設定変更で、ビックリですよね。

 

 

なんで変えちゃったんだよ!という意見も多かったようなのですが、
映画には、ヒロインが欲しかったからなのかな?と思いました。

 

原作の一話目で登場する先輩女刑事・夜目と、
重要キャラクターである多田刑事を合体させて、女性にしてしまったのではないでしょうか。

 

多田友子役は、沢尻エリカさんがキャスティングされました。
彼女なら演技の方の心配は全くいらなさそうですね。

出典元:http://evercolor.jp/

他のキャストはこちらの記事からどうぞ♪

不能犯の実写版映画キャストや原作あらすじは?無料試し読みはできる?

 

 

原作のストーリーは引き継がれる??

 

10/24 追記

 

映画「不能犯」の予告ムービーが公開されました♪

まだ見ていない方は是非ご覧ください!

 

 

まだ公開日まで数カ月あるので、具体的な内容は公開されていません。

 

予告ムービーを見る限り、被害者は一人では済まないようですね・・・!

たくさんの人が宇相吹によって、マインドコントロールされているようです!

 

 

基本的なストーリーは、原作通り進むのかなと思いますが、
原作コミックは現在も連載中ですので、どのあたりでクライマックスを迎えるのか気になるところですね。

 

主人公・宇相吹正役である松坂桃李さんが

 

「原作『不能犯』の魅力を引き継ぎつつ、いい意味でもうひとつの『不能犯』としてお送りできたらと思っています。」

 

とコメントしていることから、

原作とは一味違った映画になっているのでは?と思います。

 

こういう実写映画の場合、原作コミックファンからは、あまりいい評価がもらえないことが多いと思いますが今回はどうなんでしょうね。

 

また、映画化でいろいろな年代の方が視聴することを想定して、
万人受けできるような内容に変わっているかもしれません。

 

漫画だと人が死ぬシーンでえぐい描写も多いようですが、その描写もマイルドにされている可能性が高いですね。

 

公開日は?

 

映画「不能犯」は、2018年2月1日に公開予定だと発表されました!

 

本日ティザーポスターも解禁されたとして、話題になっています。

出典元:http://funohan.jp/

キャッチコピーは「上映開始5分、あなたの心が支配される。」

 

松坂桃李さん、黒スーツでとってもかっこいいですね!!
どんな宇相吹正を演じてくれているのか、考えるだけでワクワクしてきます。

公開日までまだまだ日付がありますが本当に待ち遠しい作品ですね♪

 

 

松坂桃李さんが「娼夫」役を演じるR-18指定の映画「娼年」の記事もおススメです☆【こちら】からどうぞ!