【バレンタイン】チョコ以外のプレゼントに意味はある?食べ物はOK?

主婦が気になる

こんにちは!アスカです!

 

今年もバレンタイン

近づいてきましたね!

 

バレンタインといえば

チョコレートですが、

毎年同じチョコレートでは

飽きてしまいますよね。

 

最近はプレゼントも

多種多様化してきています。

 

お菓子だけでも、

クッキーやマカロン、

マシュマロなど、

可愛いプレゼントが盛りだくさん!

 

贈り物のプレゼントには

いろんな意味

込められているそうですよ!

 

何気なく渡したら、

勘違いされてしまった!

ということにならないように

 

意味を調べておきましょう☆

 

スポンサードリンク

チョコ以外のプレゼントをするのはOK?

チョコが嫌いな男性は

意外と多いんですよね。

 

甘いものが苦手な人からしたら

バレンタインチョコは逆効果です。

 

そもそもバレンタインに

チョコを送るのは

日本独特の文化だってこと

知ってましたか?

 

海外では、チョコレートは

数あるプレゼントの中の一つで、

チョコレートを贈る習慣は

日本みたいに強くありません。

 

花束を贈る方が

断然多いみたいですよ!

 

というわけで、

何をプレゼントしても

大丈夫なんです!!

 

ちなみに女性から男性へ

プレゼントするのも

日本独特の文化であり、

 

他の国では、基本的に

男性から女性へプレゼントや

デートのお誘いをするのが

一般的なんだそうですよ。

 

恋人同士ならまだしも

片想いの彼をいきなり

デートに誘うのは一苦労です。

 

気軽にプレゼントできる

お菓子の方が、現実的ですね!

 

まずはそれぞれのお菓子が持つ

意味をチェックしていきましょう☆

 

チョコ以外のお菓子の意味は?


チョコ以外のお菓子を

プレゼントしたい場合、

そのお菓子の意味を

知っておいた方がいいでしょう。

 

そんな気持ちはないのに、

知らずに贈ってしまったら

勘違いされてしまった

なんてことにならないように

しておきたいですね!

 

実は日本では馴染みがないだけで、

イギリスやアメリカでは

一般常識として知られているほど

有名なんだそうですよ。

 

クッキー

チョコレート以外のお菓子で

手作りするなら

クッキーを作る人が多いのでは?

 

クッキーには

「友達でいようね」という

意味が込められているそうです。

 

クッキーは、比較的手間が少なく、

一度に大量に作れるため、

そういわれているんだそうです。

 

もらった方も、クッキーなら

嬉しいですよね♪

 

友チョコではなく友クッキーを

プレゼントしてみては?

 

男友達に、義理チョコの代わりで

プレゼントをするのも良さそうです☆

 

マシュマロ


最近はマシュマロのお菓子も

増えていますよね!

 

マシュマロは美味しくて

人気のお菓子ですが、

「あなたが嫌い」という意味が

あるんだそうですよ!!

 

プレゼントするときは

注意が必要ですね!

 

友達ならまだしも、

本命の彼にプレゼントするのは

やめておいた方がいいかも。

 

また、マシュマロの中に

チョコが入っている場合は

「純白の愛で包む」という

意味になり、好意を示すことに

なるんだそうです。

 

駄菓子の「チョコまん」は

OKってことですね♪

美味しくて大好きです☆

 

マカロン


マカロンはカラフルだし

一口サイズで、

見た目もかわいい!

女性には人気のお菓子ですね!

 

最近はケーキ屋さんでも

よくマカロンが売られています。

 

マカロンに込められた意味は

「特別な存在」ということを

示しているといわれています。

 

他のお菓子より少し高級な

お菓子なので、

「特別な」という意味があると

いわれています。

 

マカロンって1つ200円以上するし、

プレゼントするなら、

いろんな色を複数個

購入しますよね。

 

マカロン1つだけプレゼントって

ちょっとありえません。

 

そう思うと

確かに特別な時にしか

プレゼントしないですね。

 

本命相手にチョコ以外のお菓子を

プレゼントしたい場合は、

マカロンが有力候補ですね!

 

他にもキャンディーには

「あなたが好き」という意味。

キャラメルには

「安心する存在」という意味が

それぞれあるようです。

 

スポンサードリンク

 

お菓子以外のプレゼントの意味は?

先ほども言いましたが、

バレンタインにチョコ以外の

プレゼントを贈るのはOK!

ということでした。

 

甘いものが苦手な彼は

チョコ以外のお菓子でも

あまりうれしくないかも

しれませんね。

 

女性から男性へ贈る

お菓子以外のプレゼントにも

意味があるようです。

 

早速見ていきましょう!

 

ネクタイ

大人の女性ならば

ネクタイをプレゼントに選ぶ方は

多いのではと思います。

 

女性から男性へネクタイを

プレゼントすると

「あなたに首ったけ」

という意味があるようです。

 

本命彼にはネクタイを贈るが

良さそうですね♪

 

学生さんなら、私服でも

コーディネートできそうな

アイテムを選んでみては

いかがでしょうか?

ちなみにネクタイピンは、

常に傍にいるということから、

「あなたは私のもの」

「見守っています」

という意味があるそうです。

 

ハンカチ

 

ハンカチは男女問わず、

常に持ち歩く方が多いですし、

価格帯も無難なため

プレゼントに最適ですよね。

 

ですが、ハンカチには

「もう会いたくない」

という意味が込められています。

 

漢字で「手巾(てぎれ)」と書くので、

手切れ→縁を切ることに

つながるそうです。

 

あまり縁起がいいものでは

ないみたいですね(;^ω^)

もちろん意味を知らない人も

いるでしょうから、

そんなに気にしなくても

いいような気もします。

 

香水

 

男性でも香水を使う方は

意外と多いそうです。

 

男性の方が、体臭や口臭を

気にする方が多いですよね。

 

匂いには好みがあるので

プレゼントに選ぶのは

難易度が高い

感じがしますが、

もらえたら嬉しいと思います。

 

女性から男性へ贈る香水には

「親密な関係」という意味があり、

まだ親密な関係になっていない場合は

そうなりたいという意味が

込められているそうです。

 

香水も本命彼に気づいてもらうのに

向いているプレゼントかと思います。

ネックレスや指輪

こちらは有名かもしれません。

ネックレスや指輪など

「輪」になっているものには、

「束縛したい」

「独占したい」

という意味があります。

 

いい雰囲気の人や恋人同士なら

バレンタインに贈るのも

全然ありだと思いますが、

付き合っていない方にいきなり

指輪やネックレスをもらったら、

ちょっと引いてしまいます。

 

贈る相手に気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

バレンタインには

チョコ以外のプレゼントを

してもOK!

ということでした。

 

毎年同じパートナーに

チョコレートを贈っていて

マンネリ気味の場合や

チョコ嫌いな彼の場合は

他のお菓子やアイテムを

プレゼントしてみましょう☆

 

その際は、贈るものの意味に

気を付けて♪

 

素敵なバレンタインデーを

お過ごしください☆


スポンサードリンク