マイクロチップ義務化!うさぎなど犬猫以外のペットも必要?

主婦が気になる

こんにちは!アスカです!

動物愛護法が改正されることが
決定しました!

いくつか変更点があるわけですが
その中でも…

「犬猫のマイクロチップ義務化」が

とてもとても気になるっ!!

なぜなら我が家には
猫が3匹もいるからです!

しかしペットは犬と猫だけじゃ
ありませんよね~!

うさぎやりす、フェレットなど
犬猫以外のペットには
マイクロチップは義務化
されていないのでしょうか?

スポンサードリンク

マイクロチップ義務化の概要!

まずは
マイクロチップ装着の義務化について
知識を深めていきましょう。

ペットのマイクロチップの装着は
実は数年前から任意で行われています。

飼い主が任意で装着する理由は

迷子や盗難されたとき、
災害時にはぐれてしまった時など

飼い主となんらかの理由で離れた場合に
個体識別をするためです。

マイクロチップをいれていますか?
突然の迷子、災害、盗難、事故……ペットは住所も名前もいえません。そんなとき、マイクロチップは確実な身元証明になります。

引用元:環境省公式サイトより

一方、
今回改正動物愛護法で
マイクロチップの装着の義務化が
決定された理由は

捨て猫や捨て犬を防ぐため。

飼い主が飼育を放棄しないように
するためと言えますね。

今まで任意でマイクロチップを
装着していた飼い主たちとは
理由が少し違います。

マイクロチップの装着は
ブリーダーから飼い主が決まるまでに
装着することが義務化されました。

アスカ
え??ってことは…

すでに飼っているペットには
装着しなくてよいの?という
疑問が生まれますね。

一般の飼い主は努力義務

で良いそうです。

努力義務って要すると

「各家庭で出来るだけ装着してね」

みたいな感じなのでしょうか。

曖昧過ぎる!!

スポンサードリンク

犬猫以外のペットにも適用される?

今のところの情報をまとめると

ブリーダーなど繁殖業者を対象に
マイクロチップ装着義務化が
決定したようですね。

なので、すでに飼われている方は
「努力義務」=任意ということで
問題なさそうです。

うさぎ等の犬猫以外のペットは
繁殖業者に対しても
マイクロチップ義務付けは
されていないようです。

当然ですが、すでに飼われている
飼い主の方も任意ということに。

「マイクロチップ装着しなきゃ!」

と焦る必要はないようです。

任意ということですが
この機会に一度、
マイクロチップの装着を
検討してみてはいかがですか?

犬猫以外のペットでも
マイクロチップの装着をしてくれる
動物病院は全国にあります!

マイクロチップ装着のできる病院は?

マイクロチップが装着できる
動物病院は
こちらのサイトから
調べることが可能です。

マイクロチップ動物病院一覧

このサイトは、病院側が
各自で登録する形式のサイトです。

そのため、マイクロチップの
装着業務を行っている病院が
掲載されていない場合もあります。

もしお近くの動物病院が
載っていない場合でも
電話で問い合わせてみましょう。

スポンサードリンク

マイクロチップ装着にかかる費用!

マイクロチップの装着に
かかる費用は

 

マイクロチップ代…無料

装着代…だいたい3000円~

データ登録代…1000円

 

チップ装着費用は、
自由診察のため
病院によって異なります。

心配な方は、マイクロチップ装着を
お願いしようと思っている動物病院へ
電話で問い合わせしてみましょう。

また、マイクロチップ装着費用の
助成金が出る自治体もあります!
年々普及しています。

自分の住んでいる地域で
助成金がでるかどうかも
一度しらべてみてくださいね!

他にも
マイクロチップを装着していると
ペット保険の割引対象に
なる場合があります。

マイクロチップを装着することは
メリットの方が大きいと思うので
もっと普及したらいいなと思います。

うちの子たちも装着しないとね…!!