北海道・帯広の異常気象の原因は?猛暑はいつまで続く?最高気温38℃!

生活

 

こんにちは!アスカです!

5月なのにめちゃくちゃ暑い!

北海道の帯広市では
5月26日に最高気温38度
記録したとかで…
完全に異常気象ですよね!!!

なんだか地球が心配に
なってしまいます。

しかも27日の今日も37℃!
いつまで暑い日が続くのでしょうか?

5月で、しかも北海道で、
猛暑日が続く原因について
調べたいと思います!

スポンサードリンク

帯広の異常気象の原因は何?

北海道の帯広の5月の気温は
平年18.5度なんだそうです。

5月26日の最高気温38.8度は
平年より20.3度も高いんです!!

20度以上高いって!!

北海道に住んでいる方は、
高温になれていないはずなので
体調崩す方もいるのでは
ないでしょうか?

これは異常気象としか考えらません。

北海道の異常気象の原因は
気温を上昇させる要因が
複数、重なったことから起きました。

  1. 高気圧に覆われた
  2. 真夏を超える強烈な暖気
  3. フェーン現象

1つ1つ見ていきましょう!

高気圧に覆われた

これは特に詳しく書く必要は
ないかもしれませんが、
24日ごろから日本は
全国的に高気圧に覆われました。

関東地方の南沖に速度の遅い
高気圧が滞在したため、
全国的に天気が良く、
暑い日が続いたようです。

北海道も例外ではありません。

真夏を超える強烈な暖気

高気圧に加え、真夏を超える
強烈な暖気が、中国の方から
入り込んできました。

この強烈な暖気は13日ごろに発生し、
実は日本の北海道だけでなく
中国でも猛暑を記録。

23日(木)には
北京で最高気温36.6℃、
河南省のチェンチョウでは
39.2℃を記録していたんです。

その暖気が西へ流れてきて
北海道の気温を押し上げる
要因となったわけです。

フェーン現象

そして最後が「フェーン現象」です!
これが最大の要因だと言われています。

フェーン現象とは?
フェーン現象とは
風が山を越えるときに起きる現象で
山腹を昇る際には
約100mあたり0.5度
下る際には
約100mあたり1度
気温が上昇すると言われています。

西風が北海道中央部の山岳を超え
吹き下がる際に気温が上昇し
暑い空気が北海道東部を襲いました。

局地的に気温を上昇させる現象で
日本のどこでもよくおこるようです。

これら3つの要因が重なり
北海道の異常気象、猛暑日を
生み出してしまったようです。

Sponsored Link

北海道・帯広で猛暑日!!

高気圧や、暖気、
フェーン現象が重なったせいで
北海道の各地域では記録的な
暑さを記録しました!

特に帯広では
気温上昇が早かったため
ニュースに取り上げられました!

5月26日

2019年5月26日
北海道で観測史上初めて
5月に猛暑日を記録しました。

特に北海道の帯広では
午前11時の時点で37.5℃を記録。

これは5月の最高気温
全国で1位を記録したそうです!

北海道って夏でも
すごく涼しいイメージがあるのに
全国1位ってヤバイですよね。

他の地域でも
女満別で35.7℃、
綱走で35.4度を記録しました。

その後もぐんぐん上昇し
最終的に最高気温は
帯広で38.8℃を記録!

網走地方の佐呂間では
最も高く39.5℃を記録しました

5月27日

 

昨日に引き続き、
北海道十勝地方では
午後1時頃、帯広で
35.5度を記録しました。

二日連続「猛暑日」を記録!

もし7月や8月だったとしても
北海道で40℃近くなんて
異常気象でしょ!?と思ってしまうのに
これが5月だというから
本当にびっくりですよね!!

北海道の帯広でなぜこんなに
猛暑になってしまったのでしょうか?

異常気象の原因を調べてみました!

Sponsored Link

帯広の猛暑はいつまで続く?

北海道・帯広の猛暑は
いつまで続くのでしょうか?

猛暑日のピークは全国的に
27日の今日です!

そして28日は各地で雨予報。

北海道の帯広の明日
28日の最高気温は
なんと23度です!!

平年並みに一気に戻ります!

アスカ
フェーン現象って怖いですね…

この気温変化はつらいですね。
すごく涼しく感じてしまうかも
しれません。

その後も21~25度ぐらいの日が
続くようなので、真夏日や猛暑日は
しばらくないと思ってよいでしょう。

ちょっと一安心ですね!

まだ春で5月なので
夏シーズンがちょっと心配ですが
体調にお気をつけて
お過ごしください~!!

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

Sponsored Link