楽天モバイルでJアラートを受信する方法!アプリが必要ってホント?

主婦が気になる

8月29日に起きた北朝鮮ミサイル発射事件!
日本全土に衝撃が走りましたよね!!

 

今までもミサイルが発射されることはありましたが、まさか日本上空を通過するなんて!
本当に怖い現実です・・・。

 

今回の事件で、ミサイルが上空を通過した地域では「Jアラート」がなったわけですが、
各地で様々なトラブルが起きているようです。

 

そのトラブルの中の1つである「格安スマホではJアラートが受信できない」という件について。

 

私は楽天モバイル使用者なので、他人ごとではないと思いいろいろと調べてまとめてみました!

 

スポンサードリンク

今回話題になった「Jアラート」とは?

Jアラートって、あまり聞きなれない単語ですよね。
それもそのはず、緊急警報システムのことなので、日本が平和な日常を送っているうちはまず話題にならないからです。

 

「Jアラートってなんとなくニュアンスはわかるんだけど、どういうシステムなのかな?」

 

そう思ったので、調べてみました。

 

デジタル大辞泉の解説によると

 

総務省消防庁の全国瞬時警報システム。国から発令された警報を、人工衛星を介して各自治体の無線を自動的に起動し、音声で各地住民に通達するもの。地震・津波など緊急を要する自然災害や、ミサイル攻撃・大規模テロなどの有事の際に使用される。

 

簡単にいうと、危険情報を全国民に短時間で伝える警報システムということです。
Jアラートの「J」は、想像がつく通り、Japanの頭文字をとっているそうですよ。

 

Jアラートの正式名称は、「全国瞬時警報システム」というそうです。

そのまんまですね(笑)

 

そんな大事な警報が、格安スマホだと受信できないって、問題じゃないですか!
システムの欠陥とも言えるような問題ですよね。。。

 

格安スマホ使用者はどんどん増えている!!

最近ではスマートフォンの急激な普及に加え、docomo、au、softbankの大手3キャリア以外である格安スマホを利用する方も増えてきました。
なんといっても、基本料金がリーズナブルですからね!

 

私も以前はsoftbankを使っていましたが、自宅のネット料金とほぼ同額の通信料をスマホで払うのが馬鹿馬鹿しくなり、楽天モバイルに乗り換えました。
乗り換えて3年目になりますが、とても快適で大きな不満は特にありません。

 

モバイルマーケティングデータ(MMD)研究所の調べによると、
2017年3月の時点で、格安スマホ利用者はスマホ利用者全体の1割を占めているそうです。

 

2014年4月の時点では、0.6%でした。この3年間で、約17倍に増えているのです!
数字にするとすごい普及率ですよね。。。

 

楽天モバイル使用者は何%?!




格安スマホの中でも一番のシェアを誇るのが、私も愛用している「楽天モバイル」なんだそうです。

 

楽天モバイル利用者は、格安スマホ全体の20.0%を占めています。
次いで、OCNモバイルONEが12.3%、mineoが11.7%となっています。

 

楽天モバイル使用者は、だんだん増えてきているんですね。

 

増えたら増えたで、Jアラートが鳴らないのはなおさら困ります!

 

楽天モバイルのJアラート受信方法

 

いよいよ本題。
いざというときのために、Jアラートが受信できるようにしておきたいですね!

 

楽天では「Jアラートを受信できるために、防災情報のアプリをインストールしてほしい」と呼びかけているほか、総務省もJアラートの情報を受信できる専用アプリの活用や、自治体のメールサービスに登録するなど対応してほしいと呼びかけています。
出典元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170829/k10011117791000.html

 

Jアラートを受信する方法は、二つあります。

 

  • 防災情報のアプリをインストールしておく。
  • 自治体のメールサービスに登録しておく。

 

【楽天モバイル公式サイト】では、Yahoo!防災速報というアプリをインストールすることを推奨しています。

 

Yahoo!防災速報アプリ(Android版)をインストールする!

 

私も実際にインストールしてみました!

 

私が使用している機種は、「HuaweiのP9 Lite」という機種です。androidです。

参考にしていただければ、と思います。

まずは、【こちら】からGooglePlayに行きましょう。

 

他のアプリ同様、インストールをタッチ。

 

 

正常にインストールされると、この画面になります。
「開く」を選択し、アプリを起動しましょう。

 

アプリを起動すると、この画面になります。

 

 

「次へ」を選択。

 

 

「この機能を使う」を選択。

 

位置情報へのアクセスを必ず「許可」してください。
そうしないとアプリの意味がありません。。

 

登録地域の選択をします。
現在表示されている市町村で間違いなければ上の選択を。

他の地域に設定したい場合は、「他の地域を設定する」を選んでください。
必ず設定しておきましょう。

 

設定の完了の画面になればOKです!

 

これで楽天モバイルでもJアラートを受信することができるようになりました!

 

気を付けなければいけないのは、プッシュ通知機能をOFFにしないことです。
OFFにしていると、せっかくアプリをインストールしていても、通知されないことがあります。

 

今回の事件のように、いつどんな緊急事態が起きるかわかりません。
Jアラートで一刻も早く情報を得ることができれば、災害に備えることができます。
楽天モバイル使用者の方も、是非アプリをインストールしてみてくださいね!