【長閑の庭】の読み方は何?原作コミックやあらすじについても!

テレビ

こんにちは!アスカです!

私が気になっている女優の
橋本愛さんが久々に
連続ドラマ主演をつとめます!

【長閑の庭】という原作コミックの
実写ドラマ化だそうですが

「長閑」って読めますか?

アスカ
え?ちょうかん?
アスカ
原作知ってる人ならわかるかもしれないけど、全く知らない私には読めない!

原作コミックの情報や
あらすじについても
調べてまとめてみましたよ!

スポンサードリンク

橋本愛主演【長閑の庭】読み方は?

まずは気になったドラマのタイトル
【長閑の庭】の「長閑」の読み方ですが…

「のどか」と読みます!

「のどかのにわ」という作品なんです。

長閑ってあまり聞きなれない漢字ですが
「のどか」はわりとよく使う言葉ですよね。

長閑の意味は

静かでのんびりとして落ち着いているさま

②空が晴れて、天候が穏やかなさま。うららかなさま。

③ゆったりとくつろぐさま。急がないで気長に構えるさま。

④気にかけないさま。のんき。

出典元:コトバンク

この意味を見る限り、
原作コミックの「長閑の庭」は
わりとのんびりとした
のほほんとした内容なのかな?と
予想できますね~!

実際はどうなんでしょう?
あらすじをチェックします♪

スポンサードリンク

橋本愛主演のドラマ【長閑の庭】あらすじ

橋本愛さんが約5年ぶりに
連続ドラマ主演をつとめる
ドラマ「長閑の庭」。

あらすじを見ていきましょう!

長閑の庭あらすじ
橋本愛さんが演じる主人公・朝比奈元子は、メルヘンで可愛いものが好きな23歳、ドイツ語専攻の大学院生です。人付き合いが苦手で、同級生にも敬語で話す少し変わり者。
周りからは「大人っぽくてしっかり者」と思われていることを自覚していたので、可愛いものを身に着ける勇気がありません。可愛いものを避けているうちに、黒いものを身に着けることが多くなり、黒い服ばかり着ていました。そのせいで大学では、ドイツ語で「黒」を意味する「シュバルツさん」というあだ名で呼ばれています。

ある日、大学の教授・榊郁夫に「君の日本語は美しい」とほめられたことをきっかけに40歳以上年の離れた64歳の榊に恋心を抱き始めます。それに気づいた榊教授は、元子に「それは恋ではなくて師弟愛だ」と伝え、「好きとその分類」についてドイツ語のレポートを提出するよう課題を出しました。
元子は自分の気持ちが「恋」なのか「嗜好」なのかわからなくなり悩んでしまいます。

23歳と64歳の年の差恋愛を描いた心温まるラブストーリーです。

俗にいう「枯れ専」女子には
たまらないストーリーだそうです。

年配男性の魅力がたっぷり描かれた
原作コミックも読んでみたいですね~。

原作コミックの情報もまとめてみました!

スポンサードリンク

ドラマ「長閑の庭」原作コミックの情報

作品名 長閑の庭(のどかのにわ)
原作 アキヤマ香
連載 「Kiss」(講談社)
2014年3月~2019年5月
単行本 KC1~6巻発売中
最終巻7巻は5月13日発売予定

 スマホですぐに読める

 \ 電子書籍が便利でオススメ♪ /

楽天Koboなら
長閑の庭1巻が丸々無料で読めます!

 

まとめ

橋本愛さんが5年ぶりに
連続ドラマ主演をつとめる
ドラマ「長閑の庭」。

初回放送はNHK BSプレミアムにて
2019年6月2日(日) 22:00~です!

「長閑」の読み方は
「のどか」でした!

この機会にぜひ
原作コミックをチェックしてみてください!

電子書籍の楽天Koboなら
「長閑の庭」コミック1巻が
まるまる無料で読めちゃうので
嬉しいですね~♪