台風13号2018の名古屋(東海地方)の降水量が多い日時や時間帯はいつ頃?

生活

こんにちは!アスカです!

台風13号が太平洋から
北上してきていますね!

今回は関東地方を直撃する
進路予想が出ていますが、
私が住んでいる東海地方や
名古屋も、少なからず
台風の影響を受けるようです

先日平成最大の豪雨が起き
大雨には警戒したいところですが、
名古屋や東海地方は
どれぐらいの降水量が予想されて
いるのでしょうか?

一番雨が降る日時や時間帯について
調べてみたいと思います!

スポンサードリンク

台風13号の進路予想は?名古屋(東海地方)は大丈夫?

台風13号は太平洋の南で発生し、
発達しながら本州めがけて
北上してきています。

2018年8月7日(火)現在は、
小笠原諸島の父島の北北東
430キロの海上に位置し、
1時間に20キロの速さで
北北西へ進んでいます。

台風13号の進路予想では、
8日(水)の夜~深夜から
9日(木)の朝にかけて、
関東地方に最接近・上陸する
おそれがあるようです。

風が強い台風だった12号に対し、
台風13号は「雨台風」、
そして速度が遅いノロノロ台風
長く停滞する恐れがあり、
関東地方は大雨となることが
現時点で確定しています。

また本州に最接近するのが
深夜から朝方にかけてなので、
朝の通勤時間に影響を及ぼす
可能性が高いとされています。

都心部の交通機関の混乱は
避けられないかもしれませんね。

名古屋を中心とする東海地方は、
台風13号の進路・暴風域から
外れていますが、
少なからず台風の影響を受け
雨が降るようです。

どれぐらい降る予定
なのでしょうか?

台風13号の影響で名古屋(東海地方)の降水量は?

台風13号の影響で大雨になる
関東・甲信地方の予想降水量は、

7日~8日朝まで:多いところで80ミリ
8日~9日朝まで:多いところで200ミリ

と言われています。

これに対し、
東海地方の中心部である名古屋は、
曇りの天気になるものの、
7日8日の天気は曇り晴れ。
9日のみ天気が崩れる予報です。

詳しく調べてみると、どうやら、
台風13号が関東に最接近する
9日の降水確率は20%でした。
(2018/08/07時点)

一番都心部に近い静岡県は、
ギリギリ暴風域に入る可能性が
ある地域もあります。

出典元:tenki.jpより台風13号の暴風域に入る確率

静岡県の伊豆や東部では、
暴風域に入る確率が、10~19%程。
暴風域に入れば大雨になる地域も
出てくると思います。

愛知県岐阜県三重県は、
暴風域には入らないでしょう。
台風の進路がだいぶ右に寄ったので、
影響が少ないといえます。

台風13号の影響が懸念されている
ニュースが相次いで報道されるため
「東海地方もヤバいかも?」
と思っていましたが、
もしかしたら雨さえも降らない
可能性もありそうです。

ただ、やはり湿った空気が
流れ込むので、
8日9日は湿度が高くなります。

また、大気が不安定なり、
ゲリラ豪雨のような一時的な
大雨がある可能性はあります。

名古屋の気温は
8日:39℃
9日:37℃
の予報ですので、
雨よりも熱中症に気を付けた方が
いいかもしれませんね!

室内にいても熱中症になるので、
対策や予防法を試してみてください!

熱中症は室内でも起きる!対策と予防法は?なりやすい時間帯もチェック!

2018年8月5日
スポンサードリンク

台風13号2018の名前や大きさについて

最後に台風13号の詳細データを
まとめておきたいと思います。

台風13号(2018年)
名前:サンサン
強さ:強い
中心気圧:970hPA
最大風速:35m/s(70kt)
最大瞬間風速:50m/s(100kt)
発生日:8月3日
本州上陸予想日:8月9日朝
台風13号の名前の由来
サンサン:
香港(中国)で女の子の人名

まとめ

いかがでしたか?

9日(木)は子供たちを
屋外のプールへ連れていこうと
思っていました。

雨予報だと思ったので、中止かな?と
気になり、詳しく調べたところ
名古屋を含む東海地方は、
台風13号の影響はあまりなさそう
ということがわかりました。

持続的な大雨にはならないものの
湿度が高くじめっとした天気に
なりそうなので、
熱中症対策を万全にしたいと思います。

関東甲信や東北地方の方は、
台風上陸の恐れもありますので、
大事にならないよう
気を付けてほしいです。

こちらも合わせてどうぞ♪

熱中症は室内でも起きる!対策と予防法は?なりやすい時間帯もチェック!

2018年8月5日