台風12号名古屋(東海地方)にいつ来る?予想雨量や進路もチェック!

生活

こんにちは!アスカです!

台風12号が発生しましたが、
進路があまりにもイレギュラー
今後が気になりますね!!

どうやら名古屋を中心とした
東海地方に上陸する恐れが!!

名古屋って来る来ると騒がれても
「いざ来てみると拍子抜け」
なんてことが多いんですけど、
台風12号は大丈夫なのでしょうか?

今回は

  • 台風12号の進路はどんな感じ?
  • 台風12号は名古屋(東海地方)にいつ来る?日時や時間帯は?
  • 台風12号の名古屋(東海地方)の予想雨量はどれくらい?
  • 台風12号の名前や大きさについて

についてまとめました!

スポンサードリンク

台風12号の進路は?今どこにいるの?

台風12号の進路が気になります!

今回の台風は進路が
とても変わっていて、
気象庁も予測がはっきりつかない
そうなんですよ!

出典元:気象庁HPより

太平洋側から北上し、
本州に近づいてきてて、
東から横断するという
かなり珍しい進路なんです。

一般的な台風の進路といえば、
沖縄⇒九州⇒四国・中国⇒関西など
を通りながら上陸するものの、
日本海側に抜けていくことが多く、
途中で温帯低気圧に変わることも
多いですよね。

今回の台風12号の場合は、
私が住んでいる東海地方をめがけて
旋回してくるようです。
関東地方も影響がでそうですね。

静岡や愛知、三重などに
上陸する可能性も高いですね!

名古屋(東海地方)に最接近し、
台風の影響をもたらすのは、
いつぐらいなんでしょうか?

日時や時間帯がわかれば、
今後の行動もしやすいですね!

台風12号が名古屋(東海地方)に最接近するのはいつ?

7月26日現在の予報だと、
名古屋を含む東海地方に
もっとも近づくとされている
日時と時間帯は、

28日(土)の夕方~夜にかけて

と言われています。
上陸するのは夜中になるかも。

雨の影響はもう少し早く、
28日(土)のお昼ぐらいから
雨脚が強まるとの予報です。

台風12号の進路が、どちらかに
反れる可能性はありますが、
予報の進路通り進んでくると、
名古屋(東海地方)は確実に暴風域に
入るでしょうね。

台風12号の強さは、
「強い」と言われているので、
降水量も多くなりそうです。

今年の7月の降水量は、
初旬にあった豪雨といい、
すごいことになりそうな予感・・・!

スポンサードリンク

台風12号の名古屋(東海地方)の予想雨量はどれくらい?

台風12号が北上してくる影響で
名古屋を含む東海地方では、
早いところで27日(金)の夜から
雨が降り出すようです。

27日(金)~28日(土)の予想雨量は
多いところで、200~300ミリ。

そして、台風が最接近し、
上陸するとされている
28日(土)から29日(日)にかけて
東海地方・関東地方の予想雨量は、
多いところで、300~500ミリ
だとされています。

27日(金)は忘れされれている
プレミアムフライデー
なのですけれど・・・・!

早めに帰路についた方がよさそう。

帰りが遅くなる方は、
雨具を忘れずに持っていきましょう!

スポンサードリンク

台風12号の名前や大きさについて

台風12号の名前

ジョンダリ
韓国語で「ひばり」という意味

台風12号の大きさ

2018/07/26現在

強さ:強い
中心気圧:980hPa
中心付近の最大風速:30m/s(60kt)
最大瞬間風速:45m/s(85kt)

台風12号は、
太平洋から北上してくるため
沿岸部にお住いの方は高潮にも注意!

台風が近づいてきたら、海には
近づかないようにしてくださいね!!

台風12号の影響で、
連日の猛暑はすこし和らぐようですが
それでも気温30℃越えです!

室内でも熱中症対策を忘れずに♪

週末のイベントは各地で中止や
延期になってしまいそうですね。
お出かけできそうにありませんが
お家でゆっくり過ごしてくださいね!

最後までお読みいただき
ありがとうございました♪


スポンサードリンク