東海地方の梅雨明けは平年いつ頃?2017年の梅雨明けはもう間近?!

気象庁は本日13日午前、九州南部で梅雨明けをしたと発表しました。

 

九州豪雨であんなに被害が出ていたのに、
「このタイミングで梅雨明け?!」なんて思ってしまいました。

 

ちなみに九州地方は、平年では1日、去年よりは5日早い梅雨明けだそうです。

 

九州南部が梅雨明けしたということは、
私が住む東海地方も、そろそろ梅雨明けかな~?

 

東海地方の梅雨明け、平年を調べてみた

 

まず「平年」ってどういうことかというと。。。

「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

 

つまり、1980年~2010年の30年間の日付を平均して計算し
大体これぐらいに梅雨明けしますよ~っていう目安としてるんですね。

 

で、平年だと、東海地方の梅雨明けは7月21日だそうです。

 

あれ、まだ一週間以上ありますね?
九州南部は梅雨明けしたけど、こっちの方はまだ先なのかな。

 

東海地方の昨年(2016年)の梅雨明けは?

 

平年では、梅雨明けまでまだ一週間もありそうだと思いましたが、
あくまで平均値なので、そうと決まったわけじゃないです。

 

昨年の梅雨明けはというと。。。

 

九州南部が7月18日に対して、
東海地方の梅雨明けは、なんと7月28日!!

 

え、遅!!!

 

九州南部の梅雨明けから10日もあとに梅雨明けしているようです。
同じ日本国内なのに、そんなに差がでるもんなんだ~。

 

ということは、今年も今日九州南部が梅雨明けしたからといって、
東海地方もすぐに梅雨明けするっていうわけじゃなさそうですね。

 

【雑学】東海地方の梅雨明けがめちゃくちゃ早い年もあった!

スポンサードリンク

気象庁のデータを見ると、東海地方の梅雨明けは、
大体20日前後にしていることが多いみたいです。

 

ところが、めちゃくちゃ早い梅雨明けを迎えている年も何度かあったみたいなんです。

 

ここ10年間のデータを見ると・・・

 

2011年では7月8日、2013年では7月7日です

 

七夕ぐらいにはもう梅雨明けしてたってことですね。
うーん、数年前なのに覚えがない(;´・ω・)

 

ちなみに2009年の梅雨明けは、

 

なんと8月3日ごろ!

 

8月入ってから梅雨明けって。。。想像できない。
気温はぐんぐんあがっているだろうから、暑さとむしむしでヤバかったんでしょうね。
私も生きてたはずだけど、これまた記憶にないです(笑)

 

2017年の東海地方の梅雨明けを予想してみました!

 

梅雨明けが早かった2011年は、梅雨入りも5月22日と
平年よりずいぶん早い梅雨入りだったようです。
(梅雨入りの平年は6月8日ごろ)

 

梅雨の期間が異様に短い年も時々ありますが、
データからみると梅雨入りから大体1カ月半~2カ月弱ぐらいで梅雨明けしているみたいです。

 

今年2017年の梅雨入りの日付が6月7日で、平年より1日早かったそうなので、
梅雨明けも平年前後ではないかと予想します。
(上にも書きましたが、平年では7月21日)

 

で、私の感覚だと、梅雨明けって

 

ひとしきり雨が降った後に晴れた日

 

ってイメージが強いので、週間予報を見てみます。

 

東海地方(名古屋)は、現時点で14日(金)と17日(月)が雨マークです。
翌日の18日(火)は曇予報になっているので、雨がずれ込むパターンがあると考え。。。

 

私の今年の梅雨明け予想は、ズバリ19日(火)です!!

 

これは個人的な考え方と予想ですので、きちんとした根拠はありませんのであしからず。

 

私の予想だと、子供たちが夏休みに入る前に梅雨明けということになります。
お出かけする予定も立てやすいですよね~。

 

梅雨が明けると、湿度が少し落ち着いてきて少し楽ですね。
カラっとした晴天が待ち遠しいですね。

 

30度を超える暑い日が続きますので、水分補給しっかりしていきましょう~!

Sponsored Link