ジェットコースターの日の由来は?!ジェットコースターが有名な遊園地

7月9日はジェットコースターの日なんだそうです。
私は絶叫系アトラクションが大好きなんですよ。
キャーーっと大声で叫んで、ストレス解消するのが気持ちいいんです。

子供ができてからは、ジェットコースターどころか、遊園地にもそうそういけず・・・。
気持ちだけでも盛り上げるためにいろいろと調べてみましたよ~!

☆7月9日がジェットコースターの日になったわけ

ジェットコースターの日の由来は、とても簡単です。
日本で初めてのジェットコースターがこの7月9日に設置されたからなんです。
1955年(昭和30年)7月9日に東京の後楽園遊園地が開園しました。そこに設置されていた本格的なジェットコースターが日本初のジェットコースターだったんです。

当時のコース長は1500m、時速55㎞だったそうです。
最近のジェットコースターは時速100㎞越えが当たり前のようなので、少し遅めのコースターだったんですね。

後楽園遊園地は、現在は東京ドームシティアトラクションズになっています。

7月9日がジェットコースターの日と制定されたのは、
意外にも遅く1997年なんだそうです。
これは知らなかった!!

☆ジェットコースターが有名な遊園地3選

日本国内にある公園、遊園地、テーマパーク事業を行う事業所は、2016年の調べでは137か所あるんだとか。

意外とたくさんあるんですね~。

その中でもジェットコースターが有名な遊園地を調べてみました☆

富士急ハイランド(山梨県)

絶叫系マシンといえばココですよね!
ジェットコースターで調べれば、必ずと出てくる遊園地です。
有名なジェットコースターは、「FUJIYAMA」「ド・ドドンパ」等です。
1961年に開園したにもかかわらず、今でも人気はすさまじく、人気アトラクションは2時間待ちになることもあるんだそうです。夏休みなど人が多く集まる時期に行くなら、並ぶの覚悟で行かないとですね。

ナガシマスパーランド(三重県)

こちらも富士急ハイランドに続き、絶叫系マシンで有名な遊園地です。
私は東海圏に住んでるので、ナガシマには何度もいったことがあります。
とにかく絶叫系のアトラクションが多いです。

有名なジェットコースターは、「スチールドラゴン2000」「ホワイトサイクロン」等です。

スチールドラゴン2000は世界最長のジェットコースターとしてギネスブックに認定されています。
全長2479mもあるんですよ!長い!
100m近い高さから急降下するんですが、落ちてる時間が長いったら長い。
まだ終わらないの?たすけて~~!と言いたくなります。
人生で一度は体験しておきたいジェットコースターです!

スペースワールド(福岡県)

「スペワ」の愛称で親しまれる、宇宙をテーマにしたテーマパークです。
キャッチコピーは、「思い出を宇宙から」なんかかっこいいですね~!
テーマパークとだけあって、独自のキャラクターもしっかり作りこまれているようです。

有名なジェットコースターは、やっぱり「ザターン」
土星の意味を持つ「サターン」に、「the turn(戻ってくる)」を引っ掛けてつけた名前なんだとか。

スタートから数秒で最高速度130㎞に達し、急降下するロケットコースターとして人気があります。
ザターンは40秒でおわっちゃうらしい。。乗ってたらあっという間に終わっちゃいますね。

他にもジェットコースターがある遊園地はたくさんあります。
夏休み前にいろいろと下調べしておくといいかもしれないですね!

Sponsored Link